禁煙チャレンジを応援する電子タバコ「JUUL(ジュール)」とは?値段と使い方を紹介

5 min
JUUL

近年禁煙化が進む時代の中で、これを機に禁煙や電子タバコへの移行を検討する人が増えてきています。

今回は、ニコチンやタールを含まないことで喫煙者から非喫煙者まで人気なベイプから販売されている 「JUUL(ジュール)」を紹介していきたいと思います。

電子タバコ「JUUL(ジュール)」とは?

電子タバコ「 JUUL 」(ジュール)は、アメリカの電子タバコ史上最大75%のシェアを獲得するなどの、今では世界的にスタンダードな新生代のVAPE製品です。

アメリカではコンビニやガソリンスタンドと行った場所で購入でき、ポッドと呼ばれるカートリッジを使用します。

アメリカでは健康志向の喫煙者に人気が高い電子タバコですが、日本では専門店も少なくまだまだ馴染みがないというのが現状です。

JUUL(ジュール)が人気を集めている理由は、健康志向の電子タバコというだけではありません。

火を使わず臭わないというのはもちろんの事ながら、タールを含まず人体への害がないことで人気を集めています。

更に、デザイン性が高く評価され手軽に持ち運ぶことのできるサイズ感が特徴の製品です。

電子タバコは年々ファッション性が高まっており、各ブランドが競い合うようにデザイン性を追求している現状です。

インターネット上で電子タバコを検索したとき、悩んでしまうほど各ブランドから様々なデザインの電子タバコが販売されていますが、その中でも一際目を引くのは JUUL (ジュール)です。

リキッドのデザインにはシックなブラックや、ブラウンからポップなピンクやグリーン、オレンジやイエローなど正直迷ってしまって全色欲しくなってしまいそうな魅力的な色合いです。

電子タバコを選ぶ上で、大きすぎるものは抵抗があります。

JUUL (ジュール)は手軽に持ち運べる点では他に比べて秀でている部分がありフル充電で1日は持つほどのパワフルなバッテリーを持ちながら重量はわずか24g ととても軽量な電子タバコです。

24g と聞くとなかなかイメージが湧きにくいかもしれませんが、単三電池1本が約23,5g となりますので単三電池1本とさほど変わらない重さというのも驚きですよね。

更に、紙巻きタバコから電子タバコに移行した人からよく聞く吸いごたえが足りないという声に対しては、他には技術でキック感を再現しています。

JUUL(ジュール)のリキッドには、ニコチンを入れない代わりにニコチンソルトが使用されています。

ニコチンソルトとは、ニコチン本来の成分に近い物質を含む塩基のことを意味しており、ニコチン入りリキッドよりも強いキック感を感じることができるとユーザーの中でも話題になっています。

JUUL(ジュール)の使い方

ベイプ
  1. STEP

    開封

    JUUL (ジュール)のスターターキットには、JUUL本体と充電器、JUULpod(リキッド)のこれだけしか入っていません。想像できる通り充電した本体にリキッドを装着するだけです。

  2. STEP

    組み立て

    開封したら、JUUL(ジュール)本体にリキッドを装着するのですが、リキッドはパッケージから取り出すと黒と黄色などの色のついたキャップが付いています。まずはそのキャップを取り外し、そのまま本体に挿し込みます。このとき、カチッと音がなるので音がなるまできちんとはめましょう。

  3. STEP

    吸引

    ここまで来たらあとは吸うだけです。装着したリキッド部分を加え他の電子タバコ同様、ゆっくりと深く吸い込むことで効率的に吸引することが出来ます。

  4. STEP

    リキッド交換

    1つのリキッドで約200回の吸引が可能です。ライトで残量を知らせてくれるものではないので、目視での確認が非通用ですが、本体とリキッドとの間に小さな小窓がついており、そこから確認することが出来ます。しかし、ここで問題があるとしたら半分を切ったあたりからちょっと見辛いというのが難点です。ただ、これも本体とリキッドをちょっと外して見るだけなのでそこまで面倒な作業はないので支障はないかなといった印象です。

  5. STEP

    充電

    JUUL(ジュール)の充電状態を確認するには、LED点灯部分に触れることで色でバッテリー残量を表示します。緑色の状態では残量大、イエローは残量中、赤色は残量小と信号と同じ色使いなのでとてもわかり易いです。

JUUL(ジュール)の使い方はとてもシンプルです。

シンプルすぎて説明書が同梱されていないというのはそれほどシンプルで説明書が不要だということでしょう。

JUUL(ジュール)を充電するときは、専用の充電器を使用します。この充電器はとても小さく正直なくしてしまうんじゃないかと不安です。

サイズ感のイメージとしては、パソコンのワイヤレスマイクのレシーバーとなるUSBに挿すあの部分です。

パソコンに挿しっぱなしにしてもそんなに違和感がないので挿しっぱなしにしている人も多いとのことです。

パソコンのUSBポートに充電器を挿したらその上に本体を立てる用に置きます。

本体と充電器はマグネットでつくようになっているので簡単に置くイメージで充電を買い押しすることが出来ます。

また、充電中のライトは充電中は白色、充電が完了すると緑色に点灯します。

JUUL(ジュール)のリキッドの種類

リキッドの種類
  • メンソール
  • ミント
  • フルーツ
  • マンゴー
  • キューカンバー
  • クリーム
  • ヴァージニアタバコ
  • クラシックタバコ

JUUL(ジュール)のリキッドには様々な種類が用意されています。

日本ではあまり見る機会はありませんが、海外ならではの純正品と互換品とありますが、今回は純正を紹介していきたいと思います。

現在、純正で販売しているリキッドの種類は全部で8種類です。

大きく分けるとメンソール系とタバコ本来のレギュラーに合わせ非喫煙者向けやフレーバーを楽しみたい方向けのフルーツや変わり種のフレーバーも用意されています。

いずれも1箱につき4つのリキッドが入っています。

1箱の価格は2000円前後となっていますが状況により値段が変動します。

これは輸入しているのでその時によって値段が変わってしまうのは致し方のないことなのです。

日本に代理店が誕生し人気が出ればコンビニでも購入できる日が来るでしょう。

JUUL(ジュール)の値段と販売店

JUUL(ジュール)は、現在日本国内で店頭で購入することは出来ません。

しかし、入手する方法がないわけではありません。

一番簡単な購入方法は専用サイトからの個人輸入が挙げられます。

個人輸入と聞くと一見難しそう、面倒、怖いと思う方もいるかも知れませんが日本円決済のできる専用サイトでは国内でのネットでの買い物と同じ用に購入することができます。

もちろん現地に行けば買うことも出来ますが、そんなに都合よく出張や旅行の予定もないので専用サイトでの購入がおすすめです。

また、楽天市場などの有名通販サイトなどでも販売しているのも見受けられます。

スターターキットの値段ですが海外からの輸入の場合は約7000円で本体のみの場合は約6000円となります。

これも輸入状況によって値段が変動する場合があります。

しかし、リキッドが約2000円することを考えると絶対的にスターターキットの方がお得と言えるでしょう。

現在の販売価格は、楽天市場では5500円、amazon では、4800円での購入が可能です。

いずれも本体のみの価格だがリキッドの互換品も多く出回っている為、購入までの時間をかけずに入手することが出来ます。

JUUL(ジュール)のスターターキットで禁煙チャレンジ

ここまで、JUUL(ジュール)について紹介をしてきましたが、現状 JUUL(ジュール)の国内での普及率は高くありませんがアメリカでのシェア率を考えると、近い将来必ず日本国内での正規販売取引がされるのは間違いないと思われます。

iQOSや、glo , プルーム・テックなどはコンビニで入手可能なことから気軽に購入できることもあり、日本国内では高いシェア率を誇っていることから日本での普及率を上げるためにはどこでも買えるという身近さが重要だと感じられる。

 JUUL(ジュール)は、タバコに代わる革新的な代替え品として禁煙を目的した幅広い年代から高い支持を得る使い捨てカートリッジ型のVAPE製品であり、評判も非常に高いデバイスです。

その理由として評判がいい最大の理由は使いやすさにあると言えます。

メンテナンスやコイル交換・リキッド補充を必要としない使い捨てカートリッジの差し替えだけで他に何もする必要がありません。

更に、スタイリッシュなデザインとコンパクトさに優れており、手の中に収まるサイズなのでアクセサリー感覚で持ち歩くことが出来ます。

豊富なカラー展開とオリジナリティあふれるデザインからアクセサリーと言っても過言ではないような気もします。

実際に首からかけることのできるアクセサリも販売しているほどです。

これから禁煙を検討している方の中には、VAPE って煙が出るおもちゃのようなものではないかと思われている方もいると思いますが、それは食わず嫌いのようなものです。

実際に吸ってみると、本物のニコチンは含まれていないにもかかわらずしっかりとした吸いごたえを感じることができるはずです。

それはニコチンソルトの力が大きいように思います。

海外では、ニコチン入りのリキッドも販売されていますが、国内にいて入手することは出来ません。

それは国内の薬事法で決められているからです。

知らなかったでは済まなくなってしまうので注意が必要です。

また、他人からの譲渡も禁止されているので譲り受けたり個人での輸入は禁止です。

とは言うものの純正のニコチンなしのリキッドでも十分にタバコ感を感じられることが出来ます。

紙巻たばこと比べると吸い心地は若干軽く感じられますが、紙巻きタバコにはない豊かな煙量とニコチンソルトならではの味と満足感で確実に紙巻きタバコから卒業し禁煙に成功することができるかもしれません。

りょうた

りょうた

電子タバコマニア

タバコを辞めようと電子タバコに手を出したらそっちにハマっちゃった30代。種類の多い電子タバコについての情報を発信していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です